Blog

出産祝いで子供服を贈るときのポイント

出産祝いで子供服を贈るときのポイント

●予算

出産祝いの予算は、相手との関係性にもよって違いますが、

・友人に贈る場合は3000~5000円程度

・親戚に贈る場合は5000円〜30000円

・兄弟に贈る場合は10000円〜20000円

・仕事関係の人に贈る場合は5000円〜10000円程度

というのが平均的な予算相場のようです。ただし祝事なので、結婚式同様に「死や苦」を連想させる「4」や「9」のつく数字は避けた方が良いのだとか!「4000円や9000円」などになるときは、キリの良い金額にして贈るのがオススメです。

●アイテムの種類は?

①ロンパース

上下つながっていてお尻まで覆うデザインのロンパース。基本的には股下にスナップボタンが付いているので、オムツ替えがしやすいのも嬉しいですね。肌着として使用することが多いアイテムで、夏場はロンパース一枚で過ごすことも可能。お出かけの際にはロンパースの上に服を着せたりします。ちなみに、ロンパース同様に赤ちゃんの服として知られているものにカバーオールがあります。2つとも上下がつながっているベビー服ですが、大きな違いは、腕や足首周辺まで包まれるデザインかどうか。ロンパースはレオタードのようなイメージで、お尻まで覆う肌着。カバーオールは腕や足首周辺まで包むデザインで、肌着というよりは服として使用できます。足が出ないように裾にゴムが入っているカバーオールは、冬のお出かけにもオススメです。

②カーディガン、ベスト

通年使えるカーディガンやベストも、贈って喜ばれるアイテム。夏は冷房対策や紫外線カットに、冬は防寒として使用できるのが便利で人気なのだとか。

③アウターや防寒グッズもオススメ

冬に差し掛かる頃には、防寒ウェアも喜ばれます。代表的なものは、新生児ならフリース素材のカバーオール、おすわりやハイハイをする頃ならポンチョ型のアウター、歩き出す1歳前後ならジャンパー。すぐに使えるよう、月齢や成長に合わせたアイテムを選ぶといいでしょう。

④ベビーアイテムは種類も豊富

これまで紹介してきたもの以外でも、プレゼントとして喜ばれるアイテムはたくさん!肌着は何枚あっても喜ばれるアイテム。素材などに気を付けて贈るとよいかもしれません。また、冬場の湯冷め対策にも使えるベビーバスローブは、バスタオルのようにはだけず着せられる便利アイテムです。その他にも、スタイやおくるみなども。贈る相手のことを考えて、プレゼントを考えてみてください。

名前やイニシャル入りのアイテム

ちょっと人とは違った贈り物を、と考える方に特にオススメなのが、ベビーの名前やイニシャルを刺繍できるものです。探してみると意外にある名入れ刺繍サービス、ただし時間がかかる場合もあるので、時間にはゆとりを持って用意するのがオススメ。

中国のnewway会社作っている子供服は高品質、低価格、カスタマイズができる。ご購入安心してください.

Feel Free to Share

ベビー服の選び方とポイント

子供服の選び方とポイント

●ベビー服のサイズと月齢をチェック!

一般的な目安としては、

・生後0ヶ月〜6ヶ月:サイズ50、60

・生後6ヶ月〜12ヶ月:サイズ70

・1歳〜2歳:サイズ80、90

・2歳〜3歳:サイズ90、95

というサイズになります。ただし、ブランドによってはサイズ感が若干異なることもあります。特に海外ブランドはサイズ表記も違い、インチで記載されていたりするので気を付けましょう。サイズチャートを見てチェックすると確実です。出産祝い等で人にプレゼントする際には、「70~80」が比較的長い期間着られておすすめ。

●着脱のしやすいものを選ぶ

ベビーのお世話をするママ&パパが、着せやすい、脱がせやすい、オムツ替えしやすいアイテムが好ましいです。どんなに可愛い服でも、1日に何回もある着替えとオムツ替えがしにくいと、出番が少なくなってしまいます。

●季節にあった素材・デザインで選ぶ

赤ちゃんのお肌はとてもデリケート。肌に優しい柔らかいガーゼやコットン素材、伸縮性のある天竺素材を意識して選ぶと良いです。赤ちゃんが「気持ちよく眠れる」「身体を動かしやすい」ことができるようなものがベスト。さらに、季節感を意識するのも大切。赤ちゃんは汗をたくさんかくので、通気性や吸水性に優れた素材のものをチョイスすると暑い夏場でも快適に過ごせます。冬は保温性の高いものを選ぶのがポイント。赤ちゃんは体温調節も苦手で体調を崩しやすいので、裏が起毛素材になっているアイテム等、寒さ対策ができるものもいいですね。また、洗濯しやすい素材を選ぶのも重要ポイント。ベビー服は汚れることもしょっちゅうなので、お家で丸洗いできるような素材だととても便利です。

海外ブランドやハイブランドなど、なかなか自分では買わないブランドで選ぶのも◎です。海外ブランドはラッピングも素敵なものが多く、プレゼントもらったときのママのテンションも上がります!最近は、リーズナブルでこなれた色使いが話題の中国のブランドや、機能も素材も評価の高いものが多い北欧ブランドも人気急上昇中。馴染みある日本のブランドの、安定の品質の良さも魅力的です。

名前やイニシャル入りのアイテムちょっと人とは違った贈り物を、と考える方に特にオススメなのが、ベビーの名前やイニシャルを刺繍できるものです。探してみると意外にある名入れ刺繍サービス、ただし時間がかかる場合もあるので、時間にはゆとりを持って用意するのがオススメ。

中国のnewway会社作っている子供服は高品質、低価格、カスタマイズができる。ご購入安心してください。

Feel Free to Share

今さら聞けない

今さら聞けない「マスク着用」の効果 双方が不織布マスクでウイルス吸入量75%減

厚生労働省は「新型コロナウイルスに関するQ&A」の一部を8月18日に更新した。「問11 日本でのワクチン接種はどうなっていますか」の最新の回答によると、ファイザー、モデルナ、アストラゼネカの3社から合計で3億1400万回分(1人2回接種で1億5700万人分)の新型コロナワクチンの供給を受けることについて合意している。 Q&Aでは、ウイルスの概要や感染対策など、幅広く取り上げており、その一つ「マスクを着ける効果」では、一般的なマスクは、素材が不織布のマスクが最も高い効果を持ち、不織布マスク、布マスク、ウレタンマスクの順に効果が下がると説明。同じ素材のマスクであっても、つけ方や、マスクのフィルターの性能、厚さなどによっても効果に差が出るとしている。

 また、マスクの着用は、対面・同席した相手のウイルス吸入量を減少させる効果より、自分からのウイルス拡散を防ぐ効果がより高く、50cm以上離れた状態で、自分と相手の双方がマスクを着用することで、ウイルスの吸い込みを7割以上抑えるという研究結果(双方が布マスクで7割減、不織布マスクで75%減)があると紹介している。自分から相手への感染拡大を防ぐために、話す時はいつでもマスクを着用しようと呼びかけている。

新学期が始まった子どもに、どのマスクを着けさせたらいいでしょうか。小児科医の森内浩幸・長崎大教授は「大人用の不織布マスクを着けた上に、子ども用のウレタンマスクを重ねてフィットさせることを勧めている」と話します。坪倉さんは「ぴたりと着けるのが難しい子どもの場合は、ぶかぶかの不織布マスクを着けるより、顔に合った形の布マスクを着ける方がよっぽど効果がある」と指摘します。

 また、坪倉さんは「いまも街中で鼻を出してマスクをする人を見掛ける。マスクはきちんと着けることが大事」と強調します。デルタ株は、従来株より少量で感染を引き起こすといわれます。

 吸い込むウイルスの量を抑えることが感染を防ぐ大きなポイントです。マスクを上手に着用することが個人で確実にできる対策といえます。

中国newway会社販売しているマスクはBFE,PFE,VFE,血液滲透の検査を行っている。安全、低価。ご購入安心して下さい。

Feel Free to Share